相場より5万円高い賃料で成約

富裕層狙い高級ホテル仕様
築28年の物件で、相場よりも約5万円高い13万8000円の賃料で、工事前に入居が決まったのが「キャピタルヒルズ」だ。
テルミ(さいたま市)が手がけた。
JR宇都宮線「東大宮」駅から徒歩5分、鉄筋コンクリート造6階建ての3LDKだ。
管理費は1万2000円。
以前の入居者は20年間住んでいた。
そのため設備が古くなっており、風呂がタイル張りで和室の畳は日に焼けている状態だった。
             BEFORE
テルミ20160523_01.jpg
賃料は20年間新築当時の14万円を維持していたが、ほかの部屋では2~3万円下がっている。
14万円前後で維持するためには、単に設備を交換するだけでは入居は決まらないと考えた。
そこで85㎡の広さや駅から徒歩5分と利便性の高い立地であることを生かして、富裕層をターゲットにした全面的な改修を行った。
特徴は高級ホテルのような、豪華さを感じられる内装だ。
一部の壁には本物のレンガを使用したタイルを張り付けた。
素材感を出すことで高級感を演出している。
床材は深めの色合いのクルミ材を使用。
室内の扉やキッチンの壁面にもクルミ材を使い、重厚感を出している。
材質の色や質感が映えるように、照明はすべてダウンライトにした。
投資額は約450万円。
             AFTER
テルミ20160523_02.jpg
入居者は、ターゲット通り企業経営者が決まった。
工事前だったため、物件内の賃料12万円の別の部屋を紹介したが、完成イメージ図を見せると「賃料が高くてもこの部屋がいい」と入居を決めたという。
仕事柄、人を家に招くシーンが多いため、高級感があり十分なスペースがあることも入居の後押しになったようだ。

関連記事