• HOME
  • ニュース
  • 広いワークスペース付きに改修 周辺相場より1万円以上上昇

広いワークスペース付きに改修 周辺相場より1万円以上上昇

10年ほど空室だったオフィスをファミリー向け住居に改装し、相場賃料より1万~2万円高く成約したのが『丸福ビル』だ。
1フロアに3戸ずつの計6戸は1カ月以内にすべて入居が決まった。
物件はJR東海道本線「西大路」駅から徒歩1分のRC造6階建て築47年のビルだ。
             BEFORE
アーキネット京都01.jpg
もともと1フロア200㎡ほどだったオフィスを3室に分けてコンバージョン。
1室で、1LDKの広さは約60㎡だ。
この住宅の一番の特徴は、タイルを敷き詰めたワークスペースにある。
間取りは3つのタイプがあり、玄関を開けるとすぐにタイル張りの11畳ほどの広さのキッチンになっているものと、8畳もしくは10畳程度のワークスペースになっているものだ。
アーキネット京都02.jpg
バスやトイレはタイル張りの部屋に直結しており、プライベートな居室と隔ててSOHOとして利用したり、絵を描くなど趣味の空間ににも使える。
改修にかけた費用は、坪単価で40万円だった。
賃料は1戸あたり11万2000~12万3000円。
入居したのは40歳前後の単身者が多い。
「他にないデザインが気に入った」という声が聞かれるという。

関連記事