会話弾む対面キッチンに改装

相場より1万円高い家賃に
リノベーション工事の請け負いを行うCoto(東京都目黒区)は分譲団地1室を「家族にやさしい部屋」をコンセプトにリノベーションし、家賃は相場よりも約1万円高い9万2000円で成約した。
物件は小田急小田原線「生田」駅から徒歩12分に立つ築49年RC造5階建て『西三田団地』。
              BEFORE
Coto_20170306_01.jpg
無機質な雰囲気だったコンクリートの天井を白く塗装したことによって、優しく温かみのある部屋となった。
間取りの変更も行い、団地によくみられる「和室2DK」であった間取りを続き間にすることで1LDKに改修。
居住家族が好みのライフスタイルに合わせて家具を配置できるようになった。
和室の畳を無垢材のフローリングにしたことで設置可能な家具のバリエーションも増えた。
Coto_20170306_02.jpg
対面キッチンにしたことで料理をしながら、リビングにいる家族や友人の様子が見渡せるようになり、会話をしやすい空間となった。
さらにスペースが広くなったことを利用して同じ団地内に住む人が集い交流を行う場としても利用が可能だ。
入居を決めたのはインテリアショップに勤める30代単身者。
「対面キッチンを友人と囲み、ホームパーティーが開けるような友達を招きたくなる部屋を探していたようだ」と担当者は語った。

関連記事