外壁レンガを内装に使い統一感

工事期間中に成約
管理・仲介を行うジェイエーアメニティハウス(神奈川県平塚市)は築15年の物件をレンガ壁のカフェ部屋をテーマにリノベーションした。2カ月続いた空室期間は工事期間中に成約。賃料は8万9000円で現状維持だった。周辺相場は約8万円前後であり、改修前から比較的高い家賃だったため変更を行わなかった。
物件は、小田急江ノ島線「大和駅」から徒歩12分のレンガ造りの外壁を持つ『コンチェルトⅡ』の1室。
前物件はクッションフロアの傷が目立ち、現状の家賃を維持するのは難しいと考えリノベーションを決定。
2LDKの間取りから主なターゲットは30代前半のファミリー層に設定した。
改修前は約12畳のリビングの一面に黒のアクセントクロスを使用しており、外壁のレンガと合わせて物件の特徴を生かしたヴィンテージ風のカフェ部屋を構想した。
レンガ造りの外壁を内部にも取り入れるためにレンガ風のクロスを一面に使用した。
他の居室内の壁は白のクロスを張り素材の見え方に変化をつけるため、天井はコンクリート風のクロスを用いた。
after
ジェイエーアメニティハウスafter.jpg
before
ジェイエーアメニティハウスbefore.jpg
改装前はアクセントクロス以外が白のビニールクロスで単調だったのを素材感の違いにより払拭した。レンガ造りのクロスと共にモノトーン調の色彩が調和して落ち着いたカフェ空間を演出している。
ジェイエーアメニティハウス.jpg
入居者は30代前半の新婚のカップルだった。入居理由は仕事を終わりにゆったりとできる雰囲気に加え、対面キッチンも決め手になったのだという。
工事費は50万円だった。

関連記事