無垢材で子育て世帯向けの部屋

家賃4万円アップで成約
賃貸マンションのリノベーションを行うレトロデザイン(愛知県海江郡)は、築40年のRC造6階建て集合住宅を改修した。30代の新婚夫婦向けに、子育てがしやすいよう明るい物件に変えたことで家賃4万円アップに成功した。
場所は愛知県名古屋市で、名鉄桜通線「中村区役所」駅徒歩10分の場所に立つ『シャトーこがね』の一室。施工前は3DKと手狭な間取りで、古い設備が残っていた。周辺には学校や公園が多く、子育て世帯から人気が高いエリアだったため、これから新生活を始める新婚夫婦にターゲットを絞った。


「夫婦で家を探す際、決定権は女性にある」という松原剛社長の考えから、女性から好評の自然素材を使ったナチュラルな空間をテーマにした。間取りは、手狭だった3DKから生活に余裕が生まれるように約33㎡のリビングがある1LDKに変更。床にはパイン無垢を使用し、白を基調とした壁紙や建具に張り替えることで、室内を明るく演出した。柔らかく温かみのある居室で子供ができても安心して生活することができる。
after
レトロデザインafter.jpg
before
レトロデザインbefore.JPG
入居を決めたのはターゲットとしていた30代の夫婦。デザインの良さや部屋の明るさが入居の決め手となった。家賃は4万円アップの9万円で成約。施工費は約430万円だった。

関連記事