20㎡の広々リビング

家賃2万円アップで成約
賃貸物件の仲介・管理を行うリボーンキューブ(京都市)は、築31年の2Kをリノベーションし、単身者やDINKSをターゲットに多様な家具や生活スタイルにもなじむシンプルモダンな部屋に仕上げ、家賃を約2万円アップの6万5000円で成約した。
近鉄京阪「伏見」駅から徒歩6分の場所にある、鉄骨造3階建て全10戸の賃貸マンション『第2住田ビル』の一室。周辺は分譲マンションや市営住宅が立ち並び、ファミリー層が多い。同マンションは築年数の経過により、家賃を下げなければ入居が決まらず生活保護受給者や高齢者が多かった。
専有面積が32㎡だっため、ターゲットをファミリー層ではなく単身者とDINKSに絞った。施工前は玄関から入りアプローチを出ると襖を挟んで連続していた2部屋の和室があった。2部屋で約16㎡と狭く使い勝手が悪かったため、襖を取り除き1部屋につなげた。畳をフローリングに張り替えたことで約20㎡のリビングに仕上げた。肌触りの良いオークの無垢材を使用し、落ち着きのある居室に変えた。
after
リボーン after.jpg
before
リボーン before.JPG
施工前のキッチンスペースは約5㎡の閉ざされた空間で圧迫感があり、テーブルを囲んで食事ができるダイニングスペースがなかった。キッチンをリビングに移動し、広々とした空間で料理を楽しむことができるようになった。そしてキッチンだったスペースは洋室として活用。黒色で石目調の塩ビタイルを用いてシックな空間となっている。アプローチを含めた全部屋にダクトレールを敷いたスポットライトを使用。ブティックなどの店舗にも使用される照明で、室内の意匠性を高めている。
実際に入居したのは30代前半の単身男性。リビングの広さや、周辺物件にはないデザインが入居の決め手となった。施工前の家賃4万5000円から2万円アップの6万5000円で成約した。同社の間宮佳丈氏は「広いリビングは入居者の生活スタイルに合わせて使用できるため、人気が高い」と話した。施工費は470万円だった。

関連記事