大東建託がZEH‐M賃貸販売開始

入居者の電気使用料割引

『SOLEIL』の外観イメージ

 大東建託(東京都港区)は13日、同社の新たなブランドとしてZEH‐M賃貸住宅『SOLEIL(ソレイユ)』の販売開始を発表した。

 ZEH‐Mとは、物件の断熱性・省エネの性能を高め、太陽光設備で発電した電力と年間の一次消費エネルギー量の収支をゼロにする住宅のことだ。2020年3月までに契約したオーナーには、10年間の固定買い取り期間終了後も、20年間最低7円以上/kWhを保証する『ソレイユFIT』を適用。また、『ソレイユFIT』対象物件の入居者は基本使用料0円、各地域電力エリア単価より3円安く電力を使用することが可能だ。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事