競合物件の設備情報が一目瞭然

ターミナル・賃料査定の機能拡充

ターミナル(東京都目黒区)山岸延好社長(44)

 ITベンチャーのターミナル(東京都目黒区)は、不動産会社が無料で使える賃料査定サービス『スマサテ』の機能を拡充した。5月27日から、賃料査定をするときに、競合物件の設備情報や今後35年間の賃料推移の予測データといったレポートを無料でダウンロードできるようにした。

 『スマサテ』とは、国内約400万件の物件情報をもとにAIが賃料を査定するサービス。データベースの大半が「成約賃料に近い数値」なのが特徴。査定精度の高さから、賃料の構成比まで算出が可能。無料インターネットといった設備がどの程度賃料に貢献しているかが金額で示される。

 このたびリリースしたレポート機能を利用すると、査定した物件の競合情報・市場データをエクセル形式で無料でダウンロードできる。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事