ASIと三井住友信託が共同事業

日本、アジアで不動産投資を展開

グローバルに金融事業を展開するスタンダード・ライフ・アバディーン・グループの日本法人であるアバディーン・スタンダード・インベストメンツアジア(以下、ASI:東京都千代田区)は4日、三井住友信託銀行(同)と日本を中心とするアジア太平洋地域市場において、住宅用不動産投資を行う共同事業会社の設立を発表した。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事