エージェントに直接マッチングできるスマホアプリを提供

スマホアプリから簡単予約

 BluAge(ブルーエイジ:東京都中央区)は、物件の内見予約が簡単にできるスマートフォンアプリ『Canary(カナリー)』の本格提供を3月に開始し、6月まで累計の成約件数を約100件に伸ばした。

 『Canary』では、立地や築年数、間取りなど条件を入力し、内見したい物件と日時を選択すると、同社が提携する地場の不動産エージェント(個人仲介業者)にマッチング。契約もオンラインで完結でき、内見から成約まで一貫してスムーズに進められる。仲介手数料も最低水準に抑える。

 仲介会社との複数のやりとりなど、従来の部屋探しの煩雑な部分を省力化する。「おとり物件」の削減にも効果を発揮。物件情報や掲載期間など、AI(人工知能)が精査、検知し排除する。佐々木拓輝CEOは、「従来の部屋探しのサービスに不満があったり、忙しかったりというユーザーに利用いただいている」と話す。提携する不動産エージェントにとっても、SEO(検索エンジン最適化)対策などの営業以外の業務が不要になり、「エージェント個人が主体となる、透明性の高いビジネスモデル」への転換を促す。

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事