物件管理システムの提供を開始

遠隔で情報共有

 Webシステムの開発を行うメディアマックスジャパン(京都市)は15日より、賃貸管理業務支援システム『物管くんcloud(クラウド)』の提供を開始した。

 同サービスは、物件の情報をスマートフォンからでも入力・閲覧できる物件管理ソフト。クラウド上で管理しているため、遠隔でも操作が可能。社内での入力作業を省き、業務効率化ツールとして期待がかかる。入居者から物件に関する問い合わせを社内で受けた際も、共有している物件ページに内容を記載しておけば担当スタッフが外出先にも即時対応できる。

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事