• HOME
  • 関西
  • 京町家2棟を宿泊施設に改修し、ゲストハウスを開業

京町家2棟を宿泊施設に改修し、ゲストハウスを開業

クラウドファンディングで出資募る

縁側ノ宿は開放的な空間が特徴だ

 クラウドリアルティ(東京都千代田区)は10日、京町家を宿泊施設に改修し、新たに2棟のゲストハウスの開業を発表した。

 場所はJR山陰本線「丹波口」駅から徒歩5分の『宿ルKYOTO洞窟ノ宿』と『宿ルKYOTO縁側ノ宿』の2施設。隣同士に並び、前者は壁や照明にモダンな色の材質を採用し、洞窟をイメージしている。ガラス張りの浴室は開放的な明るい場所となり、洞窟を抜けた先の空間を表現。後者は、縁側を特徴とした施設で、掘りごたつ式に設置したソファや、外の縁側が室内まで伸びている造りが特徴的。縁側に続く扉はガラス張りで、室内にいながら庭の景色を楽しむことができる。運営はトマルバ(京都市)が行い、インバウンドに沸く京都で、集客を図る。

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事