少人数の勉強会で課題共有

中部ガスなどのグループオーナー会

 中部ガス不動産(愛知県豊橋市)などサーラグループの取引オーナーを会員とする『サーラオーナーズクラブ』は、2019年度事業で少人数制の勉強会の開催に注力している。5月25日の第4回勉強会『固定資産税チェック!~課税明細書の秘密をあばく~』は、豊橋市と浜松市の2会場で開催。参加したオーナーはそれぞれの課税明細書を持ち寄り、見直しで減税が可能かチェックした。

 両会場で合計14組16人が参加。14組を募集したところ、キャンセル待ちも5組あり、関心の高さがうかがえたという。18年12月に同じテーマで開催したが、募集を大きく上回る30組33人の申し込みがあり、参加できない人も多かったため、2度目の開催を企画した。

 勉強会は、18年度後半に始めた新たな取り組み。セミナー後に個別に相談したい、というオーナーの要望にこたえた。中部ガス不動産資産マネジメント事業部の林桂輔部長は、「オーナーが直面している課題にスポットを当て、少人数での開催とすることで一人一人の案件に対応できる。他のオーナーと問題を共有することができるところも参加希望が多い理由だ」という。

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事