スターツのサードライフ事業、加盟店60社、提携250社2100施設へ強化

スターツが高齢者住み替え支援事業推進

スターツコーポレーション(東京都中央区)は7月11日に都内で高齢者の住み替え支援をする『サードライフ』事業の総会を開催した。

冒頭、事業を運営するピタットハウスネットワークの宮北英治社長は、「夫婦世帯から単身世帯が主流に変わり、2050年には全世帯の半数が高齢者世帯になる。シニアビジネス参入は必然で、“サードライフ”というライセンスを広げたい」と語った。

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事