観光庁、違法民泊対策で連携

サイト内削除を徹底

観光庁は7月17日、民泊に関する対策を目的とした「違法民泊関連省庁連絡会議」を開催した。

2018年6月に施行された住宅宿泊事業法を受けて減少傾向にあるものの、営業許可を得ずに宿泊事業を行う違法民泊はいまだに多い。そのため、観光庁や厚生労働省など関係省庁が連携し、違法民泊取り締まりの徹底を目的として、18年5月に同会議を設置した。

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事