• HOME
  • 関西
  • アーバン不動産投資、入居者の就労を後押し

アーバン不動産投資、入居者の就労を後押し

紹介業で外国人支援

 留学生を中心に賃貸仲介業を行うアーバン不動産投資(大阪府四條畷市)は、2018年8月から、外国人の就労やアルバイト探しをサポートする人材紹介事業を開始している。

 同社はこれまで、大阪の日本語学校の留学生を対象に管理物件への客付けを行ってきた。日本語を話せないアジア圏の入居者が多く、安田成弘社長がSNSのメッセージで生活の相談などの対応をしている。その中で、就労先に関する相談が多かったことから、人材派遣業許可を取得した。

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事