• HOME
  • 関西
  • 阪急阪神不動産スタートアップと共同で実証事業開始

阪急阪神不動産スタートアップと共同で実証事業開始

課題解決へ実証実験

 阪急阪神不動産(大阪市)は複数の企業と共同で不動産業界の課題解決に向けた実証事業を1日から開始した。スタートアップ企業への投資や事業育成を手掛けるデジタルガレージ(東京都渋谷区)が運営する不動産関連スタートアップ企業を対象とした育成プログラム『OpenNetworkLabResi-Tech(オープンネットワークラボレジテック)』に参加する5社と、阪急阪神不動産を含めた7社で構成するパートナー企業が参画し、事業を行う。

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事