不動産をブロックチェーン上で証券化

マーチャント・バンカーズ、新たな資金調達の手段

企業や不動産への投資事業を行うマーチャント・バンカーズ(東京都千代田区、以下MBK)は13日、ブロックチェーン技術を活用して賃貸用不動産を金融商品として発行、流通させる「STO(セキュリティー・トークン・オファリング)」プロジェクトを立ち上げたと発表した。比較的小ロットの不動産を低コストかつ安全に流動化するため、技術面、法制面を含めて検証していく。

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事