海外ファンドによる賃貸マンション売買が活発化

みずほ信託銀行,都市未来総合研究所

企業|2015年02月10日

  • twitter

2000億円超の取引額


みずほ信託銀行(東京都中央区)のシンクタンクである都市未来総合研究所は、上場企業やJ―REIT等による1棟賃貸マンションの売買取引動向を発表した。
それによると2014年下期(2014年7月~12月)の取引額は、総額3962億円で前期より大幅増となり2013年上期以降、4半期連続して増加した。
大幅増加の要因は、海外ファンドによる2000億円超の大規模な取引が急増し、取引額を押し上げたこと。
特に売主・買主とも海外勢同士という取引が活発化した。
一方で、これまで活発だった住宅系J―REITの大幅増資などに伴うブリッジファンド等のSPCからの物件取得が落ち着き、取得額が大きく減少している。
海外ファンド以外では、私募リートによる取得の動きも進んだ。
一方、不動産デベロッパーが中央省庁の旧公務員住宅などを取得するケースも多くみられたという。
取得後は分譲マンションを建設するなど開発目的の物件取得が多いようだ。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. コロナ禍 賃貸市場も大打撃

    2. UBIQS、コロナ予防洗浄サービス提供

      UBIQS(ユービックス)

    3. 「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

    4. ジェイ・エス・ビー、大型学生マンション竣工

      JSB(ジェイ・エス・ビー)

    5. エコホームズ、他社仲介向けにマニュアルを作成

      エコホームズ

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ