八尾 満 社長

スタート時は月商わずか60万

亀岡 京都からお越しだとお聞きしました。京都といえば長栄の長田修社長を筆頭に業界に影響力のある不動産会社が多くありますね。(公財)日本賃貸住宅管理協会も活発に動いているエリアですね。いつから展開していますか。

八尾 今出川に本社を構えて同社も不動産の管理、仲介、売買を行っています。1995年に同社を立ち上げました。それまで京都にある不動産会社でお世話になっており、管理の仕事に携わっていました。そのとき、オーナーや経営者と直接お会いして話をする機会が多くあり、自分自身で管理業をやってみたい思いが強まり、独立しました。

亀岡 この媒体『全国賃貸住宅新聞』を創刊したのが1990年ですが、30年前の当時はまだ賃貸管理の地位が低く、大手は見向きもしない業界でした。新聞を発行することで、業界を盛り上げて社会的地位の向上を訴え続けてきました。

八尾 たしかにクレーム産業といわれるとおり家主、入居者双方からの要望や苦情をいただきます。創業当時は私と妻の2人でやっており、売り上げも月60万円ほどからのスタートで、なかなか厳しい状態でした。それでも管理の基本を作りたかったので仲介業務はせず、有効活用の提案をして、建ててもらった物件の管理を行うことに徹しました。地道に続けることにより、年間3、4棟の受注がありました。

対談.jpg

亀岡 京都は学生の街でもあり、ワコールや任天堂、堀場製作所、村田製作所などものづくり企業が多く存在し、研究者が多い街ですが、どんな物件を受注していたのですか。

八尾 京学や同志社、など大学に近いエリアが多いため、ワンルームマンションがほとんどです。はじめは管理だけ行っていましたが、満室にするための店舗が必要になり、仲介事業を行うことにしました。創業5年目のとき、店舗拡大を狙い10店舗にしようと試みましたが、うまくいかず、現在の4店舗に落ち着きました。昨年の仲介件数は1800件ほどでした。

亀岡 仲介もただ、店舗を増やすだけではなく、高級賃貸専門やデザイナーズマンションに特化するなど何か特長づけていかなければなりません。

八尾 賃貸住宅に住むのが初めてだとか、京都の街に初めて訪れるといった、高校生や県外の入居希望者が多くいらっしゃいます。そのため店頭やメールのやり取りで京都や家さがしについてお伝えするのはもちろんですが、WEBサイトにも部屋探しのポイントを記載しています。

亀岡 初めて引っ越す人が分かるツールが必要ですね。たとえば借主と同年代の声を入れたり、インスタグラムを使って情報提供することで入居者との距離を縮められるでしょう。

(続きは本紙で)

関連記事