三戸部 正治 社長

2011年に子会社設立地域密着の不動産会社

亀岡 お会いするのは初めてですか。

三戸部 私は初めてですが、父が20年前にお会いしています。父はアーバン企画開発の社長をしており、私はアーバン企画開発の専務と子会社であるアーバン企画開発管理の社長を兼任しています。川崎市・横浜市のエリアで主に賃貸住宅の管理・仲介をしています。

亀岡 似たような名前の会社ですね。それぞれどんな事業を手掛けているのでしょうか?

三戸部 現在、組織改革を進めていますが、親会社であるアーバン企画開発は管理物件の受託として営業やリフォーム提案と、賃貸仲介をメーンにしています。私が社長を務める子会社では、受託した物件の管理を担っています。具体的な業務内容は管理物件の原状回復および建物の維持、家賃や入居者の管理、契約・退去時の書類作成、入居者およびオーナーの対応などを行います。既存の管理物件を親会社から移管している最中ですが、近いうちにすべての管理物件を子会社に移し分業体制を構築します。

対談.jpg

亀岡 2社合わせて管理戸数はどれくらいですか?

三戸部 グループ全体で管理戸数は約5200戸です。ほかに家賃回収以外の管理業務をサポートしている物件が3000戸ほどあります。駐車場の管理も3600台ほどありますね。仲介店舗は5店舗で、賃貸管理・売買・コンサルティング・リノベーションなど含めると10拠点に展開しています。

亀岡 どうやって管理戸数を増やしているのですか。

三戸部 リニューアル事業部が、管理委託を条件に空室対策のリノベーションを請け負っています。年間100件ほど受注しており大変好評です。サブリースで借り上げることもできるのでオーナーは確実に家賃収入が入ることから長期空室の物件を受注しています。建て替えか改修のどちらが適切か診断したうえで、提案をしています。過去には大規模修繕で一棟丸ごとリノベーションを手がけた事例もありました。

亀岡 リノベーション以外で、ほかに何かありますか。

三戸部 最近ではサービス付き高齢者住宅(以下、サ高住)の企画・提案および管理も行うようになりました。昨年グループホームの戸数をサ高住が追い抜いたことに注目しています。目下、行政サービスの格差が広まっており、過疎地から都心部に高齢の親を呼び寄せる子ども世代が増えており、その移住を促進するのが目的です。特にこの川崎・横浜エリアは将来的に需要が期待できるエリアだと言われています。現在の無借金経営を維持しながら地道に着実に管理戸数を伸ばしていきたいと思います。

(続きは本紙で)

関連記事