宮川 恒雄 社長

住みたい、住み続けたいと思わせるための「職」提供

亀岡 以前も対談にこられましたね。御社は管理会社でしたね。今はどのくらい賃貸管理されているのですか。

宮川 3月末で3626戸です。6年前に対談にお呼びいただいたときに比べ倍になりました。

亀岡 ひと昔前であれば、その数字でも「どんどん伸ばしていってください」と言っていました。しかし、今100万戸管理する会社が出てきています。その中で、どのように差別化を図っていくつもりですか。

宮川 当社がある川崎市高津区の価値を上げるために新規事業も含めて活動しています。

対談.jpg

亀岡 どのような新規事業を展開しているのですか。

宮川 昨年は当社の管理物件のオーナー様が所有している10年ほど空き家になっていた築90年の元診療所兼住居を、共同事務所に再生し、運営しています。

亀岡 共同事務所とは具体的にどのようなものですか。

宮川 複数事業者が共同で使う事務所「コワーキングスペース」とレンタルオフィス、レンタルスペースの複合施設を運営しています。コワーキングスペースは個人事業主やフリーランスの方の会員が増えており、オープンして4カ月ですが、契約者が29名います。

亀岡 そんな事務所のニーズが今増えているのですか。なぜ、その事業を御社で始めようと思ったのですか。

宮川 地域の価値を上げることが、本業である管理・仲介に直結するからです。この地域に住みたい人を増やし、実際に住んでもらい、長く住み続けてもらうための方法の一つとして「職」があると思います。独立した際に家の近くに良質で多様な働き方に対応できるオフィスがあることは重要だと思い、今回築年数が古いけれど魅力的な建物の管理相談を受けたときに提案したのです。ちなみにレンタルスペースは2部屋ありますが、3月は月61組の利用がありました。

亀岡 なるほど、ずいぶんニーズがあるんですね。

宮川 今年はさらに保育園事業も4月に始めました。企業主導型保育事業という制度があり、オープンにあたり開業投資資金の4分の3が助成されます。その制度を利用して始めました。これは当社の女性社員の発案によるプロジェクトなのです。

亀岡 最近の女性は子どもが生まれても元気に働きますからね。うちの会社も子育てしながら活躍する女性社員がいます。

宮川 保育園事業についても子育てしながら安心して働ける環境であることは、待機児童が多い時代には重要だと思い、始めました。認可外保育園の特徴を活かし開園は土日・祝日を含む週7日としています。

亀岡 管理会社が保育園事業に取り組む時代なんですね。その他に地域の価値を向上させる取り組みはしているのですか。

宮川 当社では4年ほど前に「ワクワク広報室」という会社のPRと同時に地域のPR活動をする部署をつくりました。具体的には2年前からさくら祭りのイベントの実行委員会を運営したり、店舗前で野菜市を開催しています。野菜市はオーナーさんに農家の方もいることから、地元の野菜を入居者をはじめとする地域の方に食べてもらうことで、地域に愛着を持っていただければと思い取り組んでいます。その他、当社の最寄り駅である「溝の口」になぞって「●●ノクチ」というプロジェクトを実施しています。

(続きは本紙で)

関連記事