三好 修 社長

120歳まで生きるマラソンで健康増進

亀岡 お久しぶりですね。10年ぶりぐらいでしょうか。

三好 以前お会いしてからそんなにたちますか。先生はおいくつになりましたか。

亀岡 今年で92歳です。もちろん毎日出社していますよ。

三好 私は今63歳ですが、もう60年、120歳まで生きるつもりです。平均寿命まであと20年しかありませんが、私が80歳になるころには今より医療や健康科学が進歩し、日本人の平均寿命がもっと延びると思います。健康長寿の秘訣は何ですか。

亀岡 よく歩くことですね。

三好 そうですか。私は趣味がマラソンなので、長生きできそうです。

亀岡 それはいい趣味ですね。

対談.jpg

三好 今20歳の子が100歳まで生きる可能性が50%もあるようです。100歳まで生きることが珍しくない世の中になっています。亀岡先生は時代を先取りして元気で長生きされていますね。

亀岡 やりたいことがまだまだあるのです。この亀岡取材班グループでは現在18種類の媒体を出版していますが、それを50媒体に、イベントを100に増やしたいのです。

三好 イベントとは賃貸住宅フェアのことですか。

亀岡 そうです。すでにグループ会社で多くのイベントを開催しています。これら賃貸住宅フェアのようなイベントは第四のメディアだと位置づけています。雑誌や新聞などの紙、ラジオやテレビなどの電波、そしてインターネット、その次なる媒体がイベントなのです。実際に見たり触ったり、体験しながら情報を得る場として、ビジネスや娯楽、さまざまなシーンで求められてくるでしょう。

三好 イベントが新しい媒体とは面白いですね。

亀岡 やりたいことは山積みです。お金は天国まで持っていけませんからね。財団を設立して、記者を目指す子どもたちの基金をつくろうと動いています。

三好 当社でも学生向け育英支援制度「ゾウさんの贈りもの」を実施しています。昨年に引き続き、地元の国立大学・九州大学新入生5人を対象に、1人当たり月額2万円を2年間給付します。返済不要の私的奨学金ですね。日本の将来を背負ってたつ若者を支援したいと始めました。金銭の支給のみにとどまらず、学生と頻繁に交流を図って、当社のイベントに参加してもらったり、困ったときは相談に乗ってあげられる里親的な支援として根付かせたいですね。

(続きは本紙で)

関連記事