稲富 誠治 社長

福岡市から進出5年で2000戸増

亀岡 福岡から進出してきたと聞いています。

稲富 当社は福岡市で約1万戸を管理するGood不動産のグループ会社として設立しました。2013年12月に大阪で約350戸の管理受託からスタートし、現在は約2300戸を大阪と首都圏で管理しています。

亀岡 エリアで分業をしているのですね。どういったきっかけで大阪の管理を受託したのですか。

稲富 もともと福岡で管理を任せてもらっていたAM会社からの受託です。大阪で運用している物件のPM会社を変えたいと相談がありました。

亀岡 地方で力をつけて大阪や東京の市場に挑戦すると事業として失敗しにくい。いい方法ですね。

稲富 福岡ではGood不動産が地域に根差した管理会社として事業を手掛けていたので、別会社としてGoodリアルエステートを設立しました。当初、Good不動産の代表が当社の社長を兼任していましたが、AM会社とのつながりを深めさらに戸数を増やすため、私が社長につきました。おかげさまで着実に管理戸数を伸長し続けています。2015年に1000戸、2016年に1500戸を超えています。現在2300戸の内訳は、大阪が1700戸、首都圏が600戸です。

対談.jpg

亀岡 どのように増やしてきたのですか。

稲富 既に取引があるAM会社に実績を評価され、別の物件を任せていただくことで戸数を増やしてきました。

亀岡 福岡に比べて東京は競合も多いと思いますが、なぜ管理を受託できるのでしょうか。

稲富 当社は大手PM会社と異なり、担当者2人が物件に関するすべての窓口に対応できる点が評価されています。例えば、リーシング、物件・入居者管理、原状回復や修繕などの工事関連など、他社PM会社はそれぞれ業務内容によって、異なる担当者に連絡をしなければいけません。しかし当社では、どういった内容であっても決まって同じ担当者が対応します。窓口が特定しているため、責任の所在も明確になります。分業制をとらないことで、AM会社の担当者とコミュニケーションが深まり、互いの信頼関係もより強くなっていきます。この信頼関係が、次の新規案件を検討する際に、管理の委託先候補になっていると思います。

亀岡 そうですか。だだ、単に仕事がしやすいだけではなく結果も残さなければ、次の受注にはつながらないでしょう。

稲富 おっしゃる通りです。当社は詳細なマーケティングに基づく、高いシーリング力とAM会社が求める収益の最大化に応えてきた結果があります。

亀岡 収益の最大化というと、入居率を上げたということですか。

(続きは本紙で)

関連記事