• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

大阪市で楽器演奏可能物件の募集開始・・・UR都市再生機構西日本支社

2017年02月16日|リフォーム

多様化する生活スタイルに対応


独立行政法人都市再生機構(神奈川県横浜市:以下、UR)西日本支社は3日、遮音性が高く楽器演奏が可能な物件『MUSIC x UR』の募集を開始した。

物件は大阪市住之江区に立つ築35年以上になる、『南港ひかりの団地』のうちの2戸だ。
関東では2014年7月からすでに『千葉幕張ベイタウンパティオス20番街』の1戸で楽器演奏可能な部屋に改修した実績があるが、関西では今回が初となる。

楽器演奏可能な部屋にリノベーションをした理由は2つ。
現代の多様化するライフスタイルに対応し、若い世代を呼び込むことを目的としていることと、同区内に音楽学部を持つ相愛大学が立地しているからだ。
団地内のコミュニティスペースである集会所にも防音ルームを設置し、住人の習い事の練習や、サークル活動での利用を可能とする。
募集する2戸は約45㎡の2DKと約56㎡の3DKで、家賃は相場通りの5万6800円と6万6000円。

西日本支社総務部の担当者は「音楽をコンセプトに住人同士のコミュニティをつくることで実績を上げたリブランの音楽マンション『MUSISION(ミュージション)』を参考にしている。音楽を通して交流が生まれてほしいという期待がある」と語った。

新聞購読のお申し込みはこちら

タグ:団地|楽器演奏可能

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。