シェアハウス投資被害、集団訴訟呼びかけ

スマートデイズ被害者の会

2018年03月12日

  • twitter

説明会にオーナー約120人が参加

新築シェアハウスのサブリース賃料不払いをめぐり、新たな弁護団が立ち上がった。

さくら共同法律事務所(東京都千代田区)の河合弘之弁護士が団長を務めるスルガ銀行スマートデイズ被害者弁護団が2日、東京都千代田区の日比谷図書館で説明会を開催。約120人のオーナーが参加した。

弁護団は事件の概要を説明したうえで、シェアハウスを借り上げながら、1月からサブリース家賃を払わないスマートデイズ(東京都中央区)と、融資を行ったスルガ銀行(静岡県沼津市)を相手取り、損害賠償請求などの集団訴訟を検討していくとした。民事だけでなく刑事告訴も視野に入れ、両社の違法性についても言及。開発用地の販売額や建築額に上乗せした不当な利益や、スルガ銀行にオーナーが提出した預貯金通帳の改ざん、融資条件として預金をさせる歩積み両建てなどを挙げた。

ほかに、販売には約70社がかかわったとみており、悪質な会社に対しては責任を追及していく構えだ。
オーナーの救済策としては、シェアハウスの所有権と引き換えにスルガ銀行との融資契約を無効とする交渉を考えているという。

  • 検索
  • エネチェンジでんき開通代行サービス 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ