不動産業界の働き方改革を検討

国土交通省

2018年05月22日

  • twitter

地方にIT企業誘致で雇用創出

国土交通省は9日、第5回「働き方改革を支える今後の不動産のあり方検討会」を開催。業界関係者ら約30人が傍聴した。
初めに、同検討会の委員であるリクルート住まいカンパニー(東京都港区)の池本洋一SUUMO編集長が「働き方改革で変わる暮らしの多様化・ハコの進化」と題して発表。同社で収集したデータによると、通勤や子育て、共働きしやすい暮らしへの期待が高まっているという。

池本編集長は「分譲マンション購入者の求める暮らしは変化している」と指摘し、マンション内に保育園・民間学童を設置することで子育て夫婦の余暇時間を増やす「育住近接」を推奨した。次に三井不動産(東京都中央区)の山村知秀ビルディング本部長が「働き方改革を実現する法人向け多拠点方シェアオフィス『WORK STYLING』」について話した。

最後に「不動産が動く時代のまちづくり~マーケット動向に基づいた不動産活用~」をテーマに油津応援団(宮崎県日南市)の木村亮太取締役が発表。油津応援団は宮崎県日南市にあるシャッター商店街の活性化を目的に設立。空きテナントに飲食店やIT企業など、4年間で合計29の事業者を誘致し、100人以上の雇用を創出した。

事業に参画した日南市マーケティング専門官の田鹿倫基氏は「昔のようなにぎわいある商店街の再生にとらわれるのではなく、その土地・時代・マーケットにあった商店街にゼロベースでデザインすることで雇用が生まれる」と語った。次回開催は6月5日を予定する。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ