借入元本減免交渉進まず

SS被害弁護団

2019年01月16日

  • twitter

浮かび上がる税制上の問題点

会見を行ったSS被害弁護団

スルガ銀行・スマートデイズ被害弁護団(以下、SS被害弁護団)は2018年12月25日、スルガ銀行(静岡県沼津市)との交渉後に都内で記者会見を開き、交渉の状況を報告した。

SS被害弁護団側は、交渉では土地建物を引き渡し、債権は相殺で処置すべきとの主張を改めて行った。

一方、スルガ銀行側は投資用シェアハウス等への融資について借入元本減免に応じる用意があると公表はしているが、いまだに実現した例はないという。その理由として同行が挙げているのが、減免分を法人税法上の損金処理の対象にできるかが不明な点だ。会計上の処理について、現在、名古屋国税局に確認中だと弁護団に回答した。

SS被害弁護団側は「金融庁から指示が出ているため、家主がスルガ銀行から借りた金額の元本減免は既定路線だ」というが、同弁護団の代物弁済の主張が通った場合にも税制上の課題が浮上する。家主が土地と建物をスルガ銀行に返却した後に残った債務について、債務免除益として所得税の課税対象になるか否かという問題を解決する必要があるのだ。

  • 検索
  • エネチェンジ 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ