特区民泊の条例を制定 観光資源のPRが狙い

千葉市

2017年07月03日

  • twitter

千葉市は若葉区と緑区の一部において『国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)』の条例を制定することを6月26日に発表した。3日から8月4日まで、市民からの意見を募集する。

空室などを1カ月未満で貸し出すには、通常は旅館業法の許認可を取得しなければならない。特区民泊の場合は最低運営日数が2泊3日以上とされているが、集合住宅の区分1戸から運営できるなど旅館業法よりも取得しやすいのが特徴だ。

千葉市が今回特区民泊の条例を制定するのは、泉自然公園や昭和の森など、千葉市が持つがあまり知られていない豊かな自然をアピールし集客につなげたい狙いがある。
結果は8月中にホームページで公表する予定。集まった意見を踏まえて条例案を提出する。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2017

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ