大東建託、10期連続増収増益

大東建託

2018年05月14日

  • twitter

建築受注鈍化するも単価が上昇

大東建託(東京都港区)は4月27日、東京都港区の会議室にて2018年3月期の決算説明会を開催し、10期連続の増収増益を達成したと発表した。

売上高は1兆5570億円と前期比4%の増収、営業利益は5.2%増の1263億円、純利益は6.9%増の878億円と売上、利益ともに過去最高を更新した。値上げにより受注単価が485万円上昇したこと、100万戸を超えた管理物件の入居率が96%の高水準を維持し、不動産事業の売上増が好業績の要因だ。

業績全体は好調であるものの、賃貸住宅の建築受注高は前期比0.6ポイントのマイナスと伸び悩んだ。空室率問題や投資用シェアハウス問題の報道で昨年来、ネガティブな報道が続き、地主のマインドが冷めたのも営業活動に影響したという。

熊切直美社長は「逆風はチャンス。家賃下落・金利上昇リスクやどう賃貸経営を運用していくのかの説明を適切に行い、優位性を示していく。長い目で見たときには、結果としてシェアを増やすことになると考えている」と話した。新規顧客獲得が進んでいない課題を掲げ、今期は157人の営業増員、関東を中心に6支店の開設、顧客専任担当を50人配置し、受注計画6830億円に再挑戦するという。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェアin東京
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin東京

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ