保有不動産122棟売却

TATERU

2019年04月15日

  • twitter

建築キャンセルで土地買取膨らむ

 アパート建築、管理を行うTATERU(タテル:東京都渋谷区)は5日、保有する販売用不動産122棟1092戸を売却すると発表した。買主は非開示。売却金額は、2018年12月期の連結売上高の10%相当としており、約80億円程度と考えられる。同社の不正行為判明によるアパート建築キャンセルに伴い、保有不動産が増えたため売却を進めている。

 内訳は、東京が58棟535戸、名古屋が28棟249戸、大阪26棟231戸、福岡10棟77戸。 18年9月に、同社の営業社員がアパートの購入を希望したオーナーの預金通帳残高を改ざんし、融資を受けられるようにした不正行為が発覚。その後、特別調査委員会が調査を行い、15年以降に成約した2269件のうち、顧客の預金通帳残高の改ざんが実行されたのが350件あったことが明らかになった。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 マイナビ賃貸 NinjaLock
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ