• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

大田区・東邦大学と協定・・・とまれる

2017年04月20日|企業

地域課題の解決に民泊施設を活用


民泊仲介サイト運営のとまれる(東京都千代田区)は3月30日、大田区と東邦大学と協力協定を結んだ。
国際戦略特区で、民泊施設を地域の課題を解説する施設として活用していく。

東邦大学は小児科で腎臓移植手術を受ける家族の滞在施設不足の問題を抱えており、とまれるとの連携によって低価格で滞在施設を提供することができる。
患者家族だけでなく、留学生や研修生の受け入れ、海外からの医療ツーリズム用の宿泊施設としても今後、活用が見込まれる。

大田区では空き家問題の解消を目的に、物件情報をとまれるに提供する。
とまれるは所有者と賃貸借契約して、特区民泊物件への活用をする。

とまれる三口聡之介社長は「空き家を民泊施設として活用することで、地域の課題を解説する資源になる。協定によって、民泊施設の用途を広げ、地域活性化に貢献したい」と新たな取り組みにつなげたい考えだ。

新聞購読のお申し込みはこちら

タグ:協定|大田区|東邦大学

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。