• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

健康が維持できる住宅に国が補助・・・国土交通省

2017年07月25日|サービス

国土交通省は14日から『スマートウェルネス住宅等推進モデル事業』の公募を開始した。

同事業は国が補助金を支給するもの。高齢者や障がい者、子育て世帯などが日常生活を営むために必要なサービスの提供を受けられることや、バリアフリーなど健康を維持できる施設・技術・普及の取り組みなどが対象。補助率は10分の1~3分の2までで、事業内容により限度額が設定されている。

公募は一般部門と、改修事業を主とした特定部門の2種類。一般部門は8月21日、特定部門は9月29日が締め切りとなる。

新聞購読のお申し込みはこちら

タグ:スマートウェルネス住宅等推進モデル事業|バリアフリー|子育て世代|障がい者|高齢者

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。