2018年トレンド予想

リクルートホールディングス

2017年12月18日

  • twitter

子育て世代の「育住近接」

リクルートホールディングス(東京都中央区)は2018年のトレンド予測を発表、住まい領域では「育住近接」をキーワードに挙げた。

共働き世帯が増加の一途をたどる中、都心の駅近に住む志向が高まっている。一方、利便性の高い人気の居住エリアでは保育園の確保が難しくなっている。合わせて育児中の親の精神的、時間的負担を減らし、周囲の住民とのつながりの構築が求められる。こうしたニーズを背景に、保育園や学童保育などをマンションや団地内に設置する「育住近接」に対応するトレンドが生まれている。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ