IoT利用可能1000万世帯に

イッツコミュニケーションズ

2018年04月17日

  • twitter

全国のケーブルテレビ事業者に提供

インターネットプロバイダーのイッツ・コミュニケーションズ(東京都世田谷区)は11日、IoT(モノのインターネット)を活用したスマートホームサービス『インテリジェントホーム』の接続可能世帯が1000万世帯を超えたと発表した。サービス開始から3年で全国45社にサービス提供事業者を拡大した。

2015年2月にサービスを開始、同年4月から全国のケーブルテレビ局向けに提供している『インテリジェントホーム』は、インターネットを使って、スマートフォンからスマートロックの開閉状況の確認と施錠ができる。エアコンや照明などの家電のコントロール、IPカメラによる子どもや離れて暮らす両親の見守りも可能だ。

アパートやマンションなど賃貸住宅の同サービス導入実績も数百棟ある。オーナーにとってもスマートロックによって入退去時の鍵の交換負担がなく、同社のマンション一括型のインターネットサービスを使用している物件などでは導入もしやすいという。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ