賃貸業務のIT化推進

インサイト

2018年06月12日

  • twitter

船井総研と共同開発

決済ソリューション事業を手掛けるインサイト(東京都新宿区)は、経営コンサルティングの船井総合研究所(大阪市)と共同で、不動産テック分野における新サービスの開発を進めていく。

昨年8月にインサイトがリリースした家賃債務保証契約の電子化サービス『サインdeとーす』をベースに、仕様変更および機能追加を行っていく。入居申し込みから契約までの業務フローのなかで、入居条件のヒアリング、家賃債務保証・家財保険の申し込み、賃貸借契約などの手続きをワンストップでできるサービスの開発を進める。船井総研グループで営業サポートを手掛ける船井総研コーポレートリレーションズを通じて普及を目指す。

「エンドユーザーの立場に立ったサービスにしたい」とインサイトの福地泰社長は話す。これまでの不動産テック関連サービスには不動産会社の業務効率を主目的に置くものが目立った一方、業務フローを変えたくないなどの理由で導入をためらう企業も少なくなかった。ユーザーの利便性を優先したサービスを展開することで業界の変革を狙う。今秋にも、スマホアプリやWEBサービスをリリースする予定だ。

  • 検索
  • マイナビ賃貸
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin東京

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ