IT重説本格運用以降、苦情0件

国土交通省

2018年03月14日

  • twitter

社会実験の検証検討会を実施

国土交通省は5日、「ITを活用した重要事項説明(以下、IT重説)に係る社会実験に関する検証検討会」の第4回検討会を開催した。IT重説に関しては、賃貸取引は2017年10月から本格運用を開始、法人間売買取引については17年8月から1年間の予定で社会実験を再実施中だ。

この日の検討会では賃貸取引における実施状況と、法人間売買取引の社会実験の途中経過が報告され、意見交換が行われた。次回の検討会は今年8月以降を予定している。

検討会ではまず、賃貸取引における本格運用後の4カ月間に届いた苦情・紛争件数に関する調査結果が報告された。調査はIT重説が解禁された17年10月1日から今年1月31日まで、国交省と都道府県、公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会、公益財団法人不動産流通推進センター、一般財団法人不動産適正取引推進機構を対象に聞き取りを行った。IT重説の実施に伴う苦情・紛争事例は0件だった。また、17年9月15日から今年1月31日までに全国11カ所の「IT重説相談窓口」に宅建業者などから寄せられた相談は計206件。内容はIT重説の仕組みと方法に関するものが大半だった。

全宅連の会員に対する調査によると、回答のあった238社のうち「導入済み」「導入を検討」「環境整備中」を含め、IT重説を前向きに捉えている会員は約4分の1の24.2%となった。「まだわからない」を含めると9割の会員が、IT重説に対して否定的ではないという結果になった。国交省では「賃貸の分野でIT重説が広く関心を集めている傾向の表れ」と分析している。

  • 検索
  • マイナビ賃貸
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin東京

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ