国交省の通達受け各シェアハウス団体に動き

日本シェアハウス・ゲストハウス連盟

2013年08月19日

  • twitter

日本シェアハウス・ゲストハウス連盟(代表所在地:東京都渋谷区)は8月14日、「シェアハウス運営ガイドライン」を発表した。
 
ガイドラインでは合計7つのセクションに分け、運営会社が取るべき姿勢を示した。例えば、一物件における入居者の許容人数については、「最大人数×9・84平方m」が、延床面積以下であることを推奨基準とした。建物用途については、住居系建築物である「一戸建ての住居」「長屋」「共同住宅」「寄宿舎」「下宿」のいずれかであるとし、適合しない物件は速やかに用途変更を行う旨を明記した。
 
今回の発表は、7月19日に国土交通省の出した通達を受けてのものだ。建築基準法に違反した「違法貸しルーム」の疑いがある建築物にかかわる業務を委託しないよう、建築・住居の関係団体に呼びかけた。一連の流れに対し同連盟の高橋圭一専務理事は「今までシェアハウスに向けた法令等はありませんでした。グレーゾーンのなか、手探りで運営をしていた運営会社にとっては、世間のシェアハウスへの認知を高めるとともに、何らかの進歩を期待できるようなチャンスだと思っています」と話す。
 
また、一般社団法人日本シェアハウス協会(本部:東京都渋谷区)は、運用規則と審査基準を設け、基準を満たしたシェアハウスについては、9月より「協会登録シェアハウス之証」を発行すると発表した。
 
違法な部屋貸しが行われるなか、国や行政の法整備への鈍さに対し、独自の基準を設け健全性を訴えたいというシェアハウス団体が動き出した。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 マイナビ賃貸 NinjaLock oosaki
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ