本拠地の社宅跡地を賃貸住宅に活用

2017年02月15日

  • twitter

ゆかりのある地域の活性化に貢献


企業が保有している土地を賃貸住宅として企画し、地域の活性化を目指す動きが出ている。

繊維メーカーのグンゼ(大阪市)は、京都府綾部市で賃貸住宅の開発を進めており、第3期の増築工事を3月に完成する予定だ。
案件名を『あやべグンゼタウン グラン・ブルー』とし、同社が保有する約2万900㎡の土地の一区画を賃貸住宅として活用するもの。
2015年から第1期の開発をはじめ、3期工事の完了により全部で8棟92戸を運用することになる。
16年11月に着工した第3期工事では、2億5000万円を投じ2棟28戸の賃貸住宅を建築、単身者からファミリーまで住むことのできる住まいを提供する。

同社は創業の地である旧綾部斑鳩郡周辺に数十万㎡の土地を持っており、開発を進める商業施設の『あやべグンゼタウンセンター』とともに、地域コミュニティーを活性化していく。
グンゼ開発は「行政と連携しながら開発を進めてきた。当社の敷地内に物産館を建てた実績もある。地域に貢献していきたい」と語った。

YKK不動産(東京都千代田区)は、同社最大規模の工場が立つ富山県黒部市の社宅跡地を活用、25年までに約3万6000㎡の土地に250戸の賃貸住宅を開発する大規模プロジェクトを進めている。
16年10月に完成した第2街区では6棟の複合型集合住宅を建設した。
設計は幕張メッセや東京・渋谷のヒルサイドテラスなどで有名な建築家槇文彦氏が手掛け、自然の中の住まいをコンセプトにした。
黒部の渓谷の水源などを生かし、一般的な北陸エリアの集合住宅よりも、冷暖房エネルギーを8割減、給湯エネルギーを3割減とする建築モデルが特徴。
黒部の自然エネルギーを利用し、電力や化石燃料等のエネルギー消費を抑えたまちづくりプロジェクトだ。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2017

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ