シンガポールで大規模再開発事業

三菱地所

2017年07月25日

  • twitter


現地不動産会社と連携

三菱地所(東京都千代田区)は13日、シンガポールで大規模再開発事業に参画することを発表した。

シンガポールに拠点を置くアジア最大規模の不動産会社Capitaland Limited(キャピタランドリミテッド:シンガポール)、シンガポール証券取引所上場REITのCapitaland Commercial
Trust(キャピタランド コマーシャル トラスト、以下CCT:シンガポール)と共同で事業を手掛ける。

CCTが保有するシンンガポール中心部約6100㎡の敷地に、オフィス・サービスアパートメント・商業施設などの入る高さ約280mの高層ビルを建設。総事業費は1450億円にのぼる予定だ。サービスアパートメントは、グループのアスコットが運営する可能性もありそうだ。

三菱地所グループはアジア・オセアニア地域9カ国で不動産事業を展開している。今後も海外での不動産開発を進めていく。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2017

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ