「賃料」「利便性」重視

全国宅地建物取引業協会連合会、全国賃貸不動産管理業協会

2018年02月01日

  • twitter

「不動産の日」消費者アンケート

全国宅地建物取引業協会連合会(東京都千代田区)と全国賃貸不動産管理業協会(同)は23日、「2017年不動産の日アンケート」の結果を発表した。

両会は毎年9月23日を「不動産の日」と定め、一般消費者を対象に「住宅の居住志向及び購買等に関する意識調査」を実施している。今年は9月1日から10月31日までの2カ月間にかけて、売買と賃貸に関する17の設問について、ホームページを通じて1万4331件の有効回答が寄せられた。
賃貸関連の項目を見ると、まず、現在の住まいの満足度について100点満点で答える設問では、賃貸住宅に住んでいる人は平均65.2点。70~80点台が最も多く、おおむね満足しているとの結果になった。

居住形態として持家ではなく賃貸を選んだ理由(複数回答可)は、経済的拘束の回避が最も多く「住宅ローンに縛られたくない」の59.0%で、50代にこの傾向が強く見られた。次いで「仕事等の都合」37.5%、「家族構成の変化」331.6%と続いている。

賃貸住宅を借りる際のポイント(同)では「賃料」80.0%、「利便性」59.1%、「周辺・生活環境」47.1%がトップ3。若年層を中心に賃料を重視する傾向は例年どおりだが、次に生活環境にこだわる傾向が顕著だった。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ