不動産小口化事業を強化

インテリックス

2018年03月21日

  • twitter

ホテルや京町家に対象拡大

リノベーション業のインテリックス(東京都渋谷区)は不動産小口化事業を強化し、ホテルや京町家にまで対象を広げる。同社は16日、小口化商品『アセットシェアリング北千住駅前』第2期の販売を開始した。総開発費19億円の新築ホテルを対象に、不動産特定共同事業法(不特法)を元に任意組合を組成したもの。1口100万円を最低口数5口から投資家に販売する。1月15日から募集を開始していた第1期9億円分は完売した。リピーターが3割、あとは新規の顧客だという。同社の小口化商品として初めてのホテルであること、実質利回りが3.7%と最も高かったことから、引き合いは上々だという。

運営はユキ・コーポレーション(東京都大田区)が行い、ホテルの賃料からコスト・修繕積立金等を引いた利益を投資家に分配する。

俊成誠司執行役員は「これから伸びる観光市場に向けた商品をつくりたかった。北千住は、路線の便利さや大学の移転もあり、人が集まる街で、競合するビジネスホテルが1棟しかないことから開発を進めてきた」と語った。任意組合では不動産扱いになるため、相続税の圧縮効果があり相続対策としての需要を見込める。口数ごとに相続人に分けることもできる実物不動産にはないメリットが特徴だ。

  • 検索
  • マイナビ賃貸
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin東京

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ