コールセンターを一部内製化

シード・コーポレーション

2018年06月14日

  • twitter

入居者対応のサービス向上図る

 駆け付けサービスを提供するシード・コーポレーション(福岡市)は1日、入居者からの連絡を対応するコールセンターを本社内に開設した。
 入居者対応のサービス向上を図る目的で、これまで外部のコールセンターに委託していた業務を一部、内製化した。
 同社の駆け付けサービスを活用する不動産会社が増加し業務が複雑化する一方で、機械的な受け答えではなく入居者の感情や状況を直接聞き取ることで、より適切な応対や声掛けができるよう探求していく。鈴木順子社長は「より詳細なフィードバックを行えるようになる。外部委託と内製化による双方のメリットを生かし、入居者の不安や不満を解消し、クレーム予防策を提案するなど、これまで以上に顧客満足度を高めていきたい」と語る。

  • 検索
  • エネチェンジでんき開通代行サービス 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ