ベトナムでサービスアパートメント

大和ハウス工業

2018年07月02日

  • twitter

大成建設と合弁会社設立し開発

ベトナムで初の賃貸住宅事業「ロイジェントパークスハノイ」

大和ハウス工業(大阪市)は6月30日に、ベトナムで初となる賃貸住宅を開業した。大成建設(東京都新宿区)と合弁会社DTデベロップメントベトナム(ベトナム・ハノイ市)を設立し、複合開発の『ビナタワーズプロジェクト(仮)』を進める。

その第1弾として、地下2階地上24階建てRC造、全256戸の賃貸住宅と宿泊施設からなる『ロイジェントパークスハノイ』を完成した。同物件はベトナムの首都ハノイの中心部から約8kmの位置に立つ。周囲には日本食レストランや日本人学校があるエリアで、日系企業の社宅需要を取り入れていく予定だ。

単身赴任向けの28.4~55.6㎡のスタンダードタイプ、65.9~88.4㎡のファミリー向けタイプ、さらに企業幹部向けに65.9~116.3㎡を設計した。さらに1泊から短期宿泊ができるホテル使用の部屋56戸も準備した。

  • 検索
  • エネチェンジ 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ