大規模修繕費用を立て替え

ルーヴィス

2018年08月10日

  • twitter

賃貸管理のサービス開始

【「タテカエ」の仕組み】

リノベーションを手掛けるルーヴィス(神奈川県横浜市)は、同社が管理を受託する賃貸住宅の大規模修繕費用を「修繕協力金」として預け入れ、大規模修繕を行うサービス『タテカエ』を7月28日にスタートした。

『タテカエ』では大規模修繕費用をオーナーは月々の賃料収入から分割して払う。具体的には、オーナーと同社が賃貸管理契約を結び、修繕協力金を差し引いた賃料をオーナーに支払う。

対象は同社で賃貸管理を行う賃貸住宅で、期間は5~10年。大規模修繕費の立て替え金額の上限は8000万円とした。

オーナーのメリットとしては、金融機関からの借り入れがほとんど必要ないほか、借入金がないため金利変動リスクがない、他の事業投資のための資金を回すことができる点などが挙げられる。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 マイナビ賃貸 NinjaLock
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ