亀岡大郎のトップ対談

会員数1000人超の相続の実務家集団 平井 利明 理事長

特定非営利活動法人 相続アドバイザー協議会

東京都新宿区

2017年11月06日号

  • twitter
平井 利明 理事長

管理会社がオーナーに対して相続対策提案に注力する動きが出てきている。そんな中、注目を集めているのが、NPO法人相続アドバイザー協議会(東京都新宿区)だ。創立して18年目を迎える同協議会は相続人と税理士や弁護士などの専門家の間に入ってアドバイスをする実務家を養成するために養成講座を実施してきた。不動産会社の受講生が4割ほど占めるという同協議会の理事長である平井利明氏に相続の現状を中心に話を聞いた。

土地の売却資金で賃貸住宅建設し無借金

亀岡 名刺を見ると相続関係の活動をされているようですね。私ももう90を超えているので考えなくてはいけないですね。

平井 90歳には見えないほどお元気で、70代と言われてもわかりませんよね。

亀岡 しかし、年を取ると疑い深くなる人もいますね。

平井 すでに他界していますが、私の父親が70歳で認知症を発症したときがそうでした。「印鑑をどこに隠したんだ」とすぐに他人を疑うのです。年を取ると不安になるのでしょうね。

亀岡 それはあるかもしれませんね。ただ、相続対策と言いますが、私なんかは何のために頭を使うのでしょうか。相続というのは皆、自分の財産を配偶者や子供、孫が生活に困らないように引き継ぐことを考えるわけですよね。それなのに、売ったゴルフ会員権のお金はどうしたのか、とか、他に預金口座があるのではないか、などと疑われる。それなら、生活に余裕のある家族に財産を残すよりも、私は寄付の方がいいと思うのです。

平井 利明 理事長

特定非営利活動法人 相続アドバイザー協議会

平井 利明 理事長

1952年10月 東京都立川市生まれ。25年間サラリーマンと不動産賃貸業と農業経営に従事。父親の介護のため2000年に会社を早期退職後翌年、相続手続き・生活設計相談・都市農家経営・不動産有効活用に特化した独立系FP事務所を開業。05年にNPO法人相続アドバイザー協議会理事に就任し、15年同協議会の理事長就任。

特定非営利活動法人 相続アドバイザー協議会
本社所在地 : 東京都新宿区高田馬場1ー31ー18 高田馬場センタービル3階
設立 : 2003年9月(創立は2000年4月)  
事業内容 : 相続に関する諸問題を解決できる専門家相続アドバイザー養成講座実施。市民向けの「相続フォーラム」の開催や公的機関との市民向け「相続相談会」等を実施
経済評論家 亀岡大郎氏のサムネイル画像

経済評論家 亀岡 大郎

大正15年京城生まれ。新大阪新聞経済部長を経て、経済評論家となる。文藝春秋、サンデー毎日など一流紙で、経済・財界問題を中心に、精力的な活動を続ける一方で「自動車戦争」「ゲリラ商法」「IBMの人事管理」などベストセラー多数。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2017
    求人、転職サイトは@type

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ