【2019年の賃貸業界を先読み④】残業時間削減の対応急務。業務効率化にAIが活躍

記者座談会

2019年01月27日

  • twitter

2019年の業界の行方を本紙記者が大胆予測

平成が終わる前に、賃貸業界にとっても影響の大きな法施行がいくつかある。
1つは働き方改革関連法だ。

まずは大企業が対象になるが、来年は中小企業にも範囲が広がる。
賃貸業界は、仲介・管理ともに繁忙期に仕事が集中し、さらに人材不足にも苦しんでいる。同法では、残業時間が単月で100時間を超えると、罰則がつけられる。
当然労基署の監視の目も厳しくなるだろう。

労働集約型の業界の働き方をどう変えていくか、経営者がもっとも頭を悩ませている話題だ。

すでに動きだし、業務効率化に成功していた仲介会社に共通するのは分業化。

特にポータルサイトへの物件情報の登録業務を、専門部署を立ち上げパートスタッフに任せて営業社員の負担を減らしていた。

不動産テックの導入も重要になっている。特に管理業では、空室確認や内見予約をシステム上で完結するようにしている。

今まで電話やファックスなど、かならず管理会社のスタッフが間に入る必要があった業務が大幅に削減され、土日に置いているスタッフを今年から置かなくても済むようにするという会社もある。

AIの活用も本格的に始まっているようだね。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 oosaki
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ