大阪市でDIY賃貸の募集を開始

交流所を作りイベントも実施
UR都市機構(神奈川県横浜市)が大阪市大正区と、「壁紙屋本舗」を運営するフィル(大阪市)と連携し、新たなDIY賃貸プロジェクトを開始する。
大正区内にある千島団地(総戸数2236戸)の全戸が対象で、入居契約後にDIYのプランニングと施工をし、工事が完了するまでの3カ月間の家賃が無料となる。
また、退去時の原状回復費用は原則として無料とする。
まずは同団地の1棟の中に交流拠点をオープンする。
拠点ではDIYに必要となる専門工具の貸し出しをするほか、音楽イベントの実施などの交流会も行うという。
現在は工事が進められており、秋ごろをめどにオープンする予定だ。
UR都市機構では2011年からDIY賃貸の提供を開始した。
2月には東京都板橋区にある高島平団地でリクルート住まいカンパニー(東京都中央区)や夏水組(東京都杉並区)と共同で、ワークショップや物件見学などを行うイベントを開催した。
また、ほかの地域でもフィルと共同で壁紙貼り体験を行うなど、積極的にDIY賃貸の普及に取り組んできた。
今回のプロジェクトではUR都市機構が住居を提供し、フィルがDIYに関する相談やワークショップの開催などを行う。
大正区は地元の企業や自治会などと連携し、区内外に向けてDIY賃貸を推進していく方針だ。

関連記事