清水建設、洋上風力発電建造船の建設発表

【連載】千葉明の株式教室 No.292

投資|2024年05月02日

  • twitter

5カ年中計でインフラ再生エネ事業に1300億円投入

発電事業への参入も視野に

 7月24日、売上高1兆円を超えるスーパーゼネコンの一社である清水建設(1803)が「500億円を投じ、大型洋上風力発電建造船を建設する」と発表した。井上和幸社長は「建造船は3年前から温めていた構想だ」とも語り「(清水建設が)発電事業者にもなりうる」と言及した。

 周知の通りドイツをはじめとする欧州諸国は、総発電量の3割から4割を再生可能エネルギーで占めている。その主力となっているのが「風力発電」である。無論、一朝一夕にしてなったわけではない。大資本の進出大規模施設建設で「コスト削減」を着実に進めてきた結果だ。再生エネルギーに詳しいアナリストは「スペインのイベルドローラや、洋上風力の首位企業となったデンマークのオーステッド社の貢献が大きい。「日本でも五洋建設やスーパーゼネコンでいえば大林組が既に参入している。そこに清水が発電事業者への道も視野に入れて、まず大型建造船に進出する意義は大きい」。井上社長の発言からも読み取れるように、清水建設の本気度は高い。2019年度にスタートした新5カ年中計では「インフラ・再生可能エネルギー新規事業に1300億円を投じる」とうたっている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ヒューリック、環境重視の商業施設建を拡充』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ