社宅代行送客は2年連続3割増

スターツコーポレーション(東京都中央区)は22日、東京都港区の品川プリンスホテルで「SEAネットワーク全国大会2018」を開催し、提携する全国の不動産会社から約80人が参加した。
SEAネットワークの会員数は5月1日時点で全国104社540店舗。磯﨑一雄社長は「発足から15年。ネットワークを拡充し、提携法人や送客も増え、まさにWin-Winの関係ができている」とあいさつ。「不動産業で立ち上げたビジネスモデルで、多くの企業と協力して前進する、理想とした枠組みができている。今後も全国の不動産業や、それ以外の企業と手を取り合っていきたい」と述べた。
SEAネットワーク事務局の鶴岡伸朗事務局長が17年度の活動を報告し、社宅代行送客件数は15年2700件、16年3500件、17年4300件と2年連続で前年比30%増加。不動産売却案件は20件、成約数は15件で同30%増加。賃貸物件の管理受託案件は12件、成約数は10件で同50%増だった。


18年度の注力ポイントとしては、社宅送客数の強化と成約率アップへの取り組みや、海外不動産の仲介サポート、スターツグループ仕入れ案件の情報共有などを挙げた。イベントについても法人仲介研修やサービス研究会のほか、直近で6月に東京でグループ6社が参加して連携ミーティングを行う予定だ。
17年度新規事業として始めた高齢者向け施設紹介サービス『サードライフ』については、少子高齢化社会に対する不動産会社としての取り組みと位置付けている。現在30社以上が加盟し、紹介可能な施設は2000件以上とした。

関連記事